野球肩野球肘を自分で治す

野球肩野球肘を自分で治すのは、完治と言われた後で!

野球肩野球肘は自分で治すことができます。ただし、それをするのはお医者さんにしっかりと治療をしてもらい、「完治」と言われてからにしてください。

完治する前に無理して動いてしまうようなことがあると、治せるものも治せなくなってしまいますし、それどころか悪化してしまうことだってあります。

ですので「完治」と言われるまでは、動作改善をするにしてもスローモーションで、絶対に患部に負荷がかからない状態で行うようにしましょう。

インピンジメント症候群

肩インピジメント症候群の原因

子どもたちのレッスンをしていると、インピンジメント症候群と診断されていることが本当に多いことに驚かされます。野球を始めてまだ1〜2年という子であっても、肩インピンジメントだと診断されている子もいます。

インピンジメントとは衝突という意味なのですが、野球肩の場合は、上腕骨が肩峰(けんぽう)という肩関節の天井部分に衝突してしまう症状のことを言います。そしてこれは腱板と呼ばれる棘上筋(きょくじょうきん)のコンディションが悪化することによって発生する症状です。

フォークボールは肘を痛めやすい

球速が速いフォークボールの使い手は要注意!

変化球の中で、もっとも肘を痛めやすいのはフォークボールやスプリッターだと言えます。フォークボールの投げ方は特殊で、人差し指と中指を大きく開き、そこにボールを挟み込むことによってボールの回転数を減らし、ホームプレートの手前でボールを落下させていきます。

ストレートのアヴェレージ(平均速度)が速いフォークボールの使い手ほど肘を痛めやすくなります。プロ野球や、メジャーに渡った速球派のフォークボールの使い手のほとんども肘の手術を経験しています。

ピッチャーとキャッチャーを兼務

野球肩にならないようにこの併用は避けたい!

リトルリーグショルダーなどの野球肩にすごくなりやすいポジションの兼任があります。それはピッチャーとキャッチャーを兼任する形です。この2つのポジションを兼任する選手が肩を痛めるリスクというのは本当に高いので、野球指導者としてはできるだけ避けたいところです。

ピッチャーとキャッチャーというのはそもそも投げ方が違います。ピッチャーはテイクバックをするフルアームスローで、キャッチャーはテイクバックをしないスナップスローで投げます。根本的に投げ方が異なるポジションに同時に入ることにより、投げ方が崩れやすくなり、肘も下がりやすく、肩への負荷も大きくなってしまうんです。

野球肩野球肘を自分で治す

野球肩野球肘予防改善法ビデオの新ティーザー

よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオのティーザーを新しく作り直しました!自信作です!映画の予告編みたいですごく格好良いです!

このビデオ教材はスマホで見ていただくことを前提に作ったため縦動画なんですが、縦動画の編集はなかなか難しい😅横映像ならもっとスムーズに、もっと格好良く作れたと思うんですが、縦動画の編集はけっこう大変でした💦

接骨院・整骨院でも利用されている!

治療の専門家からも太鼓判をいただきました!

おかげさまで投球障害予防改善法-徹底解説ビデオが大変好評です。小中学生のお子さんを持つ親御さんからはもちろんのこと、野球選手の肩肘を治療する接骨院・整骨院の先生にも高い評価をいただいております。

本日現在このビデオは東京都と埼玉県の2つの治療院で、先生方の投球障害予防改善法の勉強用資料として利用いただいております。

matuzaka-thumb.png

松坂大輔投手の肘痛の原因は親指にあった?!

平成の怪物と呼ばれた松坂大輔投手も、いよいよ引退してしまいますね。なんとか200勝まで頑張ってもらいたかったのですが、体の方がもう限界だったようです。

松坂投手も肘を痛めた経験があるわけですが、僕はプロコーチとして、その原因はボールを握る際の親指の使い方の変化にあったのではないかと見ています。

野球肩野球肘を治す

間違いだらけの元プロ野球選手のYouTube

今日、親交のある元プロ野球1軍打撃コーチの方から1本のYouTube動画を見せてもらいました。そのYouTubeは、プロ野球の1軍監督も経験されたことがある元スター選手のチャネルです。野球をやったことがない方でも、その方の名前は知っているであろう、というほど超有名な元プロ野球選手です。

その方のYouTubeチャネルの最新動画だったのですが、その方の元チームメイトであるやはり元スター選手3名と共に、正しい投げ方やイップスの改善法についてお話しされているものでした。

野球肘

助走をつけられる野手の肩への負荷は確かに小さい

時々、野球肩野球肘はピッチャー以外は心配いらないと勘違いされている親御さんがいらっしゃいます。「肩肘を痛めないようにうちの子にはピッチャーはやらせない」と考えている親御さんも一定数いらっしゃるようですが、これは間違いです。

確かに球数という面を考えればピッチャーが一番肩肘を痛めるリスクが高いわけですが、しかし他のポジションであってもキャッチボールからノック、ボール回しなどの練習をトータルで考えると、かなりの球数になっていきます。

インナリング

野球肩を予防するインナリングというコンディショニング法

野球肩を予防するためにはストレッチングももちろん重要なのですが、ストレッチングをした上でもっと重要なのがコンディショニングです。このコンディショニングを怠ってしまうと、ストレッチングをしていくら関節の柔軟性があったとしても野球肩になることがあります。

ではコンディショニングとは?平たくいうと肩のコンディションを±0の状態に戻す作業のことです。例えばウォームアップ前の肩は温まっておらずマイナスの状態です。そして投げ終えたあとはプラスの状態になっています。これをコンディショニングによって±0に戻していくわけです。