シニアの監督にフォームを壊されて肩肘を痛めてしまった中学生の話

22265180_s.jpg

シニアの監督にフォームを壊されて肩肘を痛めた中学生

シニアで野球をしている中学1年のお子さんを持つお父さんからLINEをいただきました。実はこの子は小学生時代に僕のレッスンを1年間受けて、投打共にレベルアップに成功した選手でした。

1年間かけて下半身の使い方から徹底的に覚え込ませていき、1年経った頃には肩肘を痛めにくい良いフォームが身につき、球速も制球力も打力も、ずいぶんとアップさせることができました。

6年生の1年間を使ってフォーム改善に取り組み、満を持してシニアで野球を頑張っていこう、と張り切っていた最中の出来事だったそうです。

プロ野球選手も輩出している名門シニアなのですが、そこの監督さんに投げ方を大きく変えることを強いられたのだそうです。

その子としては「監督が間違ったことを教えるはずがない」と思っていたようで、監督の言う通りに投げ方を変えていきました。するとその2ヵ月後くらいから、肩と肘の両方が痛いと言い出したのだそうです。

LINEで動画を送ってもらいフォームを確認すると、僕がコーチングした投げ方とはまるで違うフォームになっていて、下半身をほとんど使わず、肩関節だけで肘を先行させる非常に良くない投げ方に変えられていました。

そして肩肘が痛いとその監督に訴えると「下半身の鍛え方が足りない」とか「根性が足りないからだ」と監督には言われ、練習中は一日中外野を走らされたそうです。

しかもあろうことか、最初は肩肘が痛いと言っているのにブルペンで投げるようにも指示されたそうです。この監督はちょっと考えられないほど低次元で野球を考えているようです。

実はこのパターンは僕の生徒さんの中ではこの子が初めてではありません。2010年以降、過去に同じ経験をした子が何人もいました。

そもそも下半身や根性を鍛えるだけで野球肩野球肘を防げるのであれば、これほど楽なことはありません。僕のような動作改善の専門家など必要なくなります。

ちなみに根性というものも、近年ではスポーツ心理学において科学的に説明できるようになってきました。ですが当然そのシニアの監督は、スポーツ心理学など学んでいないはずです。

頭の中が未だに「昭和」の勉強嫌いな野球指導者たち

日本中の野球指導者こそが、僕が監修している野球肩野球肘を防ぐための動作改善法を解説したビデオを観て勉強するべきです。そうすればその方がいるチームの選手は全員、その指導者から科学的に本当に正しい投げ方を学べるようになります。

しかしほとんどの野球指導者は勉強などせず、しかも自分が知らないことを言われるとすぐに機嫌を損ねます。それどころか、女性であるお母さんが物申すだけで、その方のお子さんがレギュラーから外されてしまうこともあります。女性から何かを言われるのが嫌な野球関係者は、未だに数え切れないほどいます。実際僕の生徒さんの中にも、そのような経験をされたお母さん方がいらっしゃいました。

もう経験則だけで野球を教えて良い時代はとっくに終わっています。プロコーチである僕らだって、野球に関する最新のスポーツ科学を学ぶために日々勉強を続け、頭の中をアップデートし続けています。

しかし今少年野球、中学野球、高校野球などで指導者となっている99.9%の大人たちの頭の中は、未だに「昭和」です。自分たちが子どもの頃に教わってきたことをそのまま令和の子どもたちに教えてしまっています。

肩肘を痛めずに球速・制球力をアップさせていくためにも、もし可能でしたら勉強していないと思われる、まるでWindows95の今じゃ使い物にならないパソコンのような頭で野球を指導している監督コーチの言葉は「はい、はい」とだけ言って素直に聞いているふりをしながら、聞き流しちゃってください。本人や親御さんにかかわらず下手に反論をしてしまうと、その子を試合から外すという卑劣な行動に出る野球指導者も多いため、反論はすべきではありません。

そして話を聞きながらたら、僕が監修している科学的根拠満載の『よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ』で本当に正しい投げ方を身につけてください。

このビデオは元埼玉西武ライオンズの1軍コーチである熊澤とおる氏(松井稼頭央選手らのパーソナルコーチを務めていた名コーチ)も推奨してくださっています。熊澤コーチは現在は国家資格を取って治療院も開院されている野球障害のエキスパートです。その熊澤コーチも太鼓判を押してくださっている安心の内容です。

ぜひこのビデオをパートナーにして、科学的に本当に正しい投げ方をマスターしてください。ちなみに内容は、野球未経験のお父さんお母さんにもよくわかるようにレッスンしていますので、野球経験がない方でも安心してご視聴いただけます。

にほんブログ村 野球ブログへ
他の野球ブログもチェックしてみよう!
ブログ筆者:カズコーチ
TeamKazオンライン野球塾 プロ野球選手のパーソナルコーチングや自主トレサポート、動作分析、データ分析を行いながら、子どもたちの個別レッスンも行うプロフェッショナルコーチです。
よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオも好評発売中!