野球でインピンジメント症候群になってしまう原因とは?

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
インピンジメント症候群

肩インピジメント症候群の原因

子どもたちのレッスンをしていると、インピンジメント症候群と診断されていることが本当に多いことに驚かされます。野球を始めてまだ1〜2年という子であっても、肩インピンジメントだと診断されている子もいます。

インピンジメントとは衝突という意味なのですが、野球肩の場合は、上腕骨が肩峰(けんぽう)という肩関節の天井部分に衝突してしまう症状のことを言います。そしてこれは腱板と呼ばれる棘上筋(きょくじょうきん)のコンディションが悪化することによって発生する症状です。

棘上筋のコンディショニング方法に関しては、僕が監修している『よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ』で詳しく説明しているのですが、まず、肩関節には4つのインナーマッスルがあります。その中でボールを投げる際に一番使われるのが棘上筋で、同時に一番痛めやすいのも棘上筋なんです。

内旋型トップポジション 棘上筋のコンディションを悪化させる原因は様々あるわけですが、最も多いケースとしては内旋型トップポジションから投げてしまっている状態です。内旋型トップポジションから投げてしまうと、肘を痛めやすいだけではなく、腕を遠心力によって遠回りさせてボールを投げるフォームになりやすく、その遠心力によって棘上筋が必要以上に伸張してしまい、痛めやすくなってしまうんです。この内旋型トップポジションを作ってから投げるように子どもたちに教えてしまっている方は、本当に多いと思います。

総合病院のスポーツ整形の先生も知らなかった、科学的に本当に正しい投げ方

実は先日、ある総合病院のスポーツ整形で野球選手の肩肘の治療を長年されている先生とZOOMでお話をする機会がありました。インピンジメント症候群に関しても情報交換をしたのですが、しかしその先生は、インピンジメント症候群を含めた、野球肩になりやすい投げ方の存在しかご存知ありませんでした。

先生の治療によってせっかく怪我が完治しても、その先生自身がまた、野球肩になりやすい投げ方を指導してしまっていたんです。そのことを伝えてあげると、先生も愕然とされていました。

総合病院のその先生は、今では僕の『よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ』で野球肩・野球肘になりにくい科学的に本当に正しい投げ方を学び、その投げ方を患者さんたちに教えてくださっています。

ちなみにその病院のホームページを拝見すると、インピンジメント症候群に関するページで、野球肩になりやすい内旋型トップポジションが推奨されていました。そして投球時における内旋外旋の表記にも誤りがあったのですが、その先生自身まったくその間違いに気付かないまま、何年もそのページを公開し続けていたそうです。でも今回僕がお伝えさせていただいたことで、ホームページ業者さんに直してもらうように手配されたそうです。

インピンジメントになりにくい正しい投げ方がちゃんと存在している!

インピンジメント症候群も含め、肩肘を痛めない科学的に本当に正しい投げ方はちゃんと存在しています。僕が監修している『よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ』で、その投げ方について徹底的に解説しています。でもその内容はまったく難しくありませんのでご安心ください!このビデオは、野球経験のないお父さんお母さんでもビデオを見て、正しい投げ方をお子さんに教えてあげられるよう、そんな内容で作られています。

僕は2010年1月にプロコーチに転身するまで、12〜13年投球動作の科学について勉強し続けました。アメリカで発表されていた論文や、スポーツ医学に関する書物も読みまくり、自分の体を実験台にしながら自らこの科学的に本当に正しい投げ方を見つけ出しました。

と言っても、「カズ理論」などと名付けるつもりはありません(笑)。だって僕がこの理論を確立させる前から、自然とできている選手はできていたわけですからね。僕はただこれを理論立てただけで、決して新発見したわけではありません。

でも少年野球などの99.9%の指導現場では、内旋型トップポジションで投げる指導がいまだに行われています。そのため肩インピンジメント症候群だけではなく、野球肘になる子も減る気配がありません。

お子さんが野球をされている親御さんには、ぜひ僕のビデオをご覧いただきたいと思います。なぜ野球で肩肘を痛めてしまうのか、そしてどうやって投げれば肩肘を痛めずに投げ続けられるのかを、わかりやすく説明しています。

西武ライオンズのコーチやお医者さんたちも太鼓判の安心の内容!

世の中には元プロ野球選手が監修されている野球教則ビデオが本当にたくさん存在しています。例えば中日の、立浪和義新監督が監修されているDVDは、60分弱の内容で12,900円で販売されています。(ネームバリューって本当にすごい!)

でも僕が監修している『よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ』は、2時間44分の内容で2,480円です。LINEで友だち登録していただければさらに500円オフ!

もしお子さんが肩インピンジメント症候群と診断されているのなら、迷わずに僕のビデオをご覧になってみてください。肩を痛めてしまう原因と、肩を痛めずに投げ続けるための動作改善法をわかりやすく徹底解説しています。完治するレベルの野球肩野球肘であれば、完治後にこのビデオを見ながら科学的に本当に正しい投げ方を身につけてもらえば、インピンジメント症候群も再発しなくなるはずです!

そしてこのビデオは現在、複数の病院・整骨院・接骨院の先生方の勉強資料として役立てられており、埼玉西武ライオンズの元1軍コーチで、メジャーリーグ時代の松井稼頭央選手のパーソナルコーチも務めた熊澤とおる氏も推薦してくださっています。ですので、ぜひ安心してご覧になってみてください。購入していただいても、絶対に後悔しない内容だと自信を持っています!

にほんブログ村 野球ブログへ
他の野球ブログもチェックしてみよう!
ブログ筆者:カズコーチ
TeamKazオンライン野球塾 プロ野球選手のパーソナルコーチングや自主トレサポート、動作分析、データ分析を行いながら、子どもたちの個別レッスンも行うプロフェッショナルコーチです。
よくわかる!投球障害予防改善法-徹底解説ビデオも好評発売中!