完治させてもフォームを直さなければ野球肘は必ず再発する?!

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

野球肘/内側・外側・肘頭の割合

一般的に野球肘は下記のような割合だとされています。

  • 内側型野球肘/60%以上
  • 外側形野球肘/20%程度
  • 肘頭形野球肘/3%程度
このように、肘の内側を痛めてしまうタイプの野球肘が圧倒的に多いんです。肘の内側には内側側副靱帯というものがあるんですが、この靭帯に外反ストレスがかかってしまうことで野球肘を発症しやすくなります。

つまり野球肘とは、肘にかかる外反ストレスを投げる動作から取り除いてあげれば、発症しにくくなるということです。しかしほとんどの少年野球や野球部などのコーチが、肘に外反ストレスがかかる投げ方を子どもたちに教え込んでしまっているのが現状です。

野球肘を防ぐためには上腕三頭筋を鍛えよう

ちなみに肘頭(ちゅうとう)を痛めるケースは非常にレアなのですが、上腕三頭筋が弱くて肘が曲がり過ぎて、アクセラレーションフェイズでボールを持った手部が肘よりも低くなってしまうことが1つの原因となります。小学生や草野球選手に多い印象です。

上腕三頭筋は野球肘を防ぐためにも、球速をアップさせるためにも大きな役割を持っている部位です。そのため野球選手は上腕三頭筋をしっかりと鍛え、コンディショニングしておくことが大切です。

上腕三頭筋はフレンチプレスや腕立て伏せで鍛えることができるのですが、共にフォームが重要です。間違ったフォームでトレーニングをしてしまうと、野球選手にとってプラスにならない筋肉を作ってしまうことになります。

特に腕立て伏せは要注意ですね。間違ったフォームで腕立て伏せをしてしまうと、肩甲骨の可動域を狭めてしまうことになり、野球肩のリスクを高めてしまいます。

同じ投げ方のままでは野球肘は必ず再発する❗️

野球肘になったらまず病院で治療を受けて完治させることが重要です。しかしその後、野球肘になった同じフォームで投げ続けては、また必ず再発してしまいます。

ですので治療を受けて完治させた後は、必ず動作改善を行ってからボールを投げるようにしましょう。改善方法に関しましては、ぜひ僕が作成した『投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ』にてチェックしてみてください。野球肩・野球肘になりやすい投げ方と、肩肘を痛めない投げ方に関し、分かりやすい内容で徹底レッスンしていますので、ぜひご覧になってみてください。

ブログ筆者:カズコーチ
TeamKazオンライン野球塾 プロ野球選手のパーソナルコーチング、自主トレサポート、動作分析、試合内容分析、小中学生の個人レッスンなどを業務としているプロフェッショナルコーチです。
TeamKazオンライン野球塾主宰
野球肩野球肘を自分で治そう! KumazawaCoach 熊澤コーチは西武時代は中村剛也選手、栗山巧選手、浅村栄斗選手らを育て、MLB時代の松井稼頭央選手の個人コーチも務め、ご自身の治療院や野球塾でも活躍されている名コーチです。

投球障害予防改善法-徹底解説ビデオ
講師:カズコーチ

野球肩野球肘になる投げ方と、肩肘を痛めにくい本当に正しい投げ方が、野球経験のない親御さんにもよく分かる内容です。 ビデオで投げ方を覚えて、親御さんからお子さんに科学的に本当に正しい投げ方を教えてあげてください。

詳細ページはこちらです。