接骨院・整骨院でも利用されている!

治療の専門家からも太鼓判をいただきました!

おかげさまで投球障害予防改善法-徹底解説ビデオが大変好評です。小中学生のお子さんを持つ親御さんからはもちろんのこと、野球選手の肩肘を治療する接骨院・整骨院の先生にも高い評価をいただいております。

本日現在このビデオは東京都と埼玉県の2つの治療院で、先生方の投球障害予防改善法の勉強用資料として利用いただいております。

matuzaka-thumb.png

松坂大輔投手の肘痛の原因は親指にあった?!

平成の怪物と呼ばれた松坂大輔投手も、いよいよ引退してしまいますね。なんとか200勝まで頑張ってもらいたかったのですが、体の方がもう限界だったようです。

松坂投手も肘を痛めた経験があるわけですが、僕はプロコーチとして、その原因はボールを握る際の親指の使い方の変化にあったのではないかと見ています。

野球肩野球肘を治す

間違いだらけの元プロ野球選手のYouTube

今日、親交のある元プロ野球1軍打撃コーチの方から1本のYouTube動画を見せてもらいました。そのYouTubeは、プロ野球の1軍監督も経験されたことがある元スター選手のチャネルです。野球をやったことがない方でも、その方の名前は知っているであろう、というほど超有名な元プロ野球選手です。

その方のYouTubeチャネルの最新動画だったのですが、その方の元チームメイトであるやはり元スター選手3名と共に、正しい投げ方やイップスの改善法についてお話しされているものでした。

野球肘

助走をつけられる野手の肩への負荷は確かに小さい

時々、野球肩野球肘はピッチャー以外は心配いらないと勘違いされている親御さんがいらっしゃいます。「肩肘を痛めないようにうちの子にはピッチャーはやらせない」と考えている親御さんも一定数いらっしゃるようですが、これは間違いです。

確かに球数という面を考えればピッチャーが一番肩肘を痛めるリスクが高いわけですが、しかし他のポジションであってもキャッチボールからノック、ボール回しなどの練習をトータルで考えると、かなりの球数になっていきます。

インナリング

野球肩を予防するインナリングというコンディショニング法

野球肩を予防するためにはストレッチングももちろん重要なのですが、ストレッチングをした上でもっと重要なのがコンディショニングです。このコンディショニングを怠ってしまうと、ストレッチングをしていくら関節の柔軟性があったとしても野球肩になることがあります。

ではコンディショニングとは?平たくいうと肩のコンディションを±0の状態に戻す作業のことです。例えばウォームアップ前の肩は温まっておらずマイナスの状態です。そして投げ終えたあとはプラスの状態になっています。これをコンディショニングによって±0に戻していくわけです。

ベースボールの物理学

僕の場合はある日突然肩に痛みが走りました

僕は高校の入学式の前日に肩関節胞を損傷するという酷い野球肩になり、ボールを投げられなくなってしまったわけですが、これは本当に痛かった。右手では歯磨きさえもできないくらい痛かった😭

僕の場合は、痛みに関しては急に出ました。肩関節胞の損傷そのものはすでに中学時代からあったはずなのですが、それが痛みとなって出てきたのは高校の入学式の前日が初めてでした。そして僕の場合に関しては、痛みが出た時はもう手遅れで、手術をしてもまたちゃんとボールを投げられるようになるかは分からない、という診断でした。

22292986_m.jpg

なぜ変化球を投げると肘を痛めるのか?!

野球肘の原因が変化球にあるとはよく言われることですが、これは正解であると同時に不正解でもあります。正しい投げ方をすれば変化球で肘を壊すことはありませんし、正しい投げ方ができていなければ多投しなくても変化球によって肘を痛めてしまいます。

スライダーにしてもシュートにしても他の球種にしても、ストレートとまったく同じ腕の振りで投げられれば肘を痛めることはありません。もちろんそのためにはまず、ストレートを肩肘を痛めにくい良いフォームで投げられるようになっている必要があるのですが💦

効果的なアイシング

プロ野球選手を真似してアイシングする小学生が増えた近年

プロ野球選手の真似をして、投球後のお子さんにアイシングをする監督コーチ、親御さんが近年増えてきています。しかしこれは、僕はプロコーチとしては完全に反対の立場です。体がまだ出来上がっていない小学生世代の体は、アイシングで冷やすべきではありません。

プロ野球選手の場合、登板後にすぐに十分なクーリングダウンを行うことができません。また、運動強度もかなり高くなっているため、アイシングが必要なこともあります。しかしアマチュア野球の場合は試合中であっても降板した選手はクーリングダウンを行うことができるはずです。それならばアイシングよりもしっかりとしたクーリングダウンを行った方が、疲労を残さずに済みます。

野球肩に苦しんだ中学生投手

2年連続で野球肩を経験した中二のシニアリーグ選手

もう5年前の話です。ある中学生投手とお父さんが僕のレッスンを受けるために連絡して来てくださいました。この子はまだ中学2年生でしたが185cmあり、公式戦での最高球速も124kmで、将来を嘱望されたシニアリーグのエースピッチャーでした。

しかし中学に入ってからは2年続けて肩を痛めてしまい、2年続けて3〜5ヵ月の間ノースローで過ごすことを強いられていました。お父さんのお話によると、シニアリーグの監督に投げ方を直されてから痛むようになったとのことでした。

野球肘/内側・外側・肘頭の割合

一般的に野球肘は下記のような割合だとされています。

  • 内側型野球肘/60%以上
  • 外側形野球肘/20%程度
  • 肘頭形野球肘/3%程度
このように、肘の内側を痛めてしまうタイプの野球肘が圧倒的に多いんです。肘の内側には内側側副靱帯というものがあるんですが、この靭帯に外反ストレスがかかってしまうことで野球肘を発症しやすくなります。